東高校のパワプロ日記

パワプロ2018で作成した選手を紹介していきます!

マイク・ソロムコ(阪神)【パワナンバー・パワプロ2018】

こんばんは!

 

新年度も二週間ほど経ち、新たな環境にも慣れてきた頃ですかね。

筆者は死にそうです。

 

今回はこのひと!

 

タイガース初の助っ人外国人”マイク・ソロムコ”選手です。

 

1954年、ピッツバーグ・パイレーツと契約。

1958年、在日米軍兵士として来日。

1960年、大阪タイガースにテストを経て入団。4試合連続本塁打やAS出場など活躍。中距離打者としてチームを牽引。

1964年、トレードで東京オリオンズに移籍。

1965年、現役引退。

引退後はイージーウェアという輸入調理器具の訪問販売を行う会社を設立。

 

 

f:id:HigashiHS:20190414230642j:plain

f:id:HigashiHS:20190414230714j:plain

パワナンバー:13900 50430 04257

 

査定

1961 .270(422-114) 21本 70点

基本能力

俊足強肩の選手だったらしい。

エラーは多め。

特殊能力

送球B

補殺12

盗塁F

盗塁成功率.521 (23-12)

毎年50%くらい

三振

三振率.220 (422-93)

翌年はリーグ最多121コ

併殺

8コですが俊足とのことなので付けました。

翌年は11コなのでまぁ良いでしょう。

三浦広之(阪急)【パワナンバー・パワプロ2018】

おはようございます!

 

今回はこの人!

 

みちのくの玉三郎”三浦広之”選手です。

 

1977年に福島商業のエースとして夏の甲子園に出場し、三回戦まで進む。

その年のドラフト2位で阪急に入団し、同1位の松本正志(東洋大姫路)とともに「MMコンビ」と言われる。

1978年、6月24日のロッテ戦で1軍初登板初勝利を収めると、この年は4勝(1敗)を挙げる。

1979年、前期に6勝を挙げる活躍を見せ、史上初のジュニアオールスターとオールスター戦の出場を果たす。しかし、後期は調子を崩し6連敗も喫し、ケガの影響も有りプレーオフの出場も出来ずにシーズンを終える。

1980年、ケガの影響もあり思うような結果を残せず、サイドスローに挑戦をするも奮わなかった。

1983年、体力の限界を理由に引退。6年のプロ生活に幕を閉じた。

現在はゴルフスクールでコーチをしている。

 

 

f:id:HigashiHS:20190411004124j:plain

f:id:HigashiHS:20190411004140j:plain

パワナンバー:13700 90440 77282

 

査定

1979 19登板 4.21 7勝10敗 126.1回 87奪三振

基礎能力

球速に関しては記述が見当たらなかったのでそこそこに。

コントロールは与四球の少なさから。

スタミナは8完投を考慮して。

変化球はWikipediaより。

高卒2年目としてはすごく強いので得能でバランスを取ったつもり。

特殊能力

尻上がり

前期だけで完投6回、8回を3回。

高校時代、2軍では連続イニング無失点記録もあるのでそういうのも踏まえてある。

ポーカーフェイス

ハンサムなんで、表情は崩さないかな~と思っただけ。

一発 軽い球 シュート回転

本塁打率1.42

2軍の無失点記録が途絶えたときも、シュートが真ん中に入ったのを痛打されたからだとか

藤沢公也(中日)【パワナンバー・パワプロ2018】

こんにちは!

前回の投稿から三週間くらい空いてしまいました。

年度の変わり目だから仕方ないね。

 

 

今回はこのひと!

 

f:id:HigashiHS:20190410153657j:plain

f:id:HigashiHS:20190410153715j:plain

パワナンバー:13200 40450 69429

 

 

パームボールの使い手”藤沢公也”選手です。

 

高校時代からドラフトで指名されるも、入団拒否すること4回。

1977年ドラフトで中日に1位指名され、1度は入団拒否も1978年に入団。

1979年に稲尾投手コーチのもとでパームボールを完成されると、それを武器に13勝をあげる活躍。遠藤(大洋)小松(中日)江川(巨人)らを抑えて見事新人王に輝く。

翌年以降はケガなどの影響もあり、成績が下降。

1984年限りで引退。

 

 

査定

1979 2.82 13勝5敗 185.1回

基礎能力

球速は140までいってないとのことなので138

スタミナは投球回数から

パームボールは”チェンジアップ”を基にしたオリジナル球種。

特殊能力

球持ち○

タイミングを合わせづらいフォーム

対強打者○

王貞治(巨人)、打点王山本浩二(広島)、本塁打王掛布雅之(阪神)を1割台に押さえ込む

合同リクエスト企画に参加させていただきました。。。!

先日のことですが、合同リクエスト企画というものに参加させていただきました!

詳しくはこの記事をチェックだ!

sengen3983.hatenadiary.jp

 

簡潔に言うと、参加者が匿名でそれぞれ簡単?なリクエストを出し、シャッフルされた選手の作成を行うというものです。

 

 

で、私が受けたリクエストがこちら

f:id:HigashiHS:20190319000538p:plain

 

なるほど。

 

それでは早速作っていきましょう!

 

まずCPBLについて調査します。

次に大体の能力をイメージします。

そして、1時間かけて作ったものがこちらです!

 

f:id:HigashiHS:20190319001451j:plain

f:id:HigashiHS:20190319002943j:plain

 パワナンバー:13200 40389 43906

 

 まずは基礎能力から

・球速

剛球投手→150㌔超え

・スタミナ

24試合に登板し責任登板回数22→結構投げれる?

・コントロール

色合いを重視

・変化球

台湾出身ということで、同郷の英雄オリエンタルエクスプレスこと郭泰源っぽく

 

次に特殊能力について

闘志溢れる投球で、相手が強ければ強いほど燃える。

走られようが、点を取られようが関係なし!力こそ正義!

っていう感じで付けました。

 

最後にプロフィール的な面

誕生日は制作完了日。

登録は規定から外国人登録

人気者が取れたのでイケメンにしました。ゴーグルは趣味。

 

 

 

私のところに回ってきたのは、能力的な特徴や具体的な成績が明示されていたので、比較的能力設定とかしやすかったです。

他の方のリクエスト見てもらえると分かると思いますが、もうどうやって選手作れば良いのか分からないレベルのリクエストもあって大変カオスです。

 

ちなみに私がリクエストしたのがこちら。

f:id:HigashiHS:20190319011030p:plain

なるほど。

 

 

作ってくれたのがSenさんです。

f:id:HigashiHS:20190319012024j:plain

 

うーん、好き!

たったあれだけの情報から、いろいろイメージを膨らませ、こんな素晴らしい選手を作ってしまうのだから、もう脱帽するしかないですね。

 

 

皆さんの制作にあたっての話は、各ブログで紹介されると思いますので是非観てみてください!

 

素敵な企画に参加させていただきまして本当にありがとうございました!

 

 

企画者

Senさん senのパワプロ日記

参加者(五十音順)

区星さん 区星のパワプロ2018ブログ

sawaさん sawaさんのゲーム日和、パワプロばっか!

82さん  パワプロのこととかを書くブログ

東高校

大岡虎雄(松竹)【パワナンバー・パワプロ2018】

f:id:HigashiHS:20190313233208j:plain

f:id:HigashiHS:20190313233233j:plain

パワナンバー:13400 10379 17532

 

こんばんは!今回はこの人!

 

水爆打線クリーンナップの一角”大岡虎雄”選手です。

 

豊岡中学を卒業後、社会人野球の強豪・八幡製鐵所に所属し、4番打者として活躍。”八幡の虎”の異名を取る。

1935年に東京巨人軍にスカウトされるも残留。

1949年に大映スターズに助監督兼任として入団。そのときすでに37歳であったが、.272 26本 111点の活躍を見せる。この111打点は新人最多記録となっている。

1950年に松竹ロビンスへ助監督兼任として移籍。*1小鶴誠*2岩本義行とクリーンナップを形成し水爆打線の一員として、セリーグ優勝に貢献。

1951年に途中退団している。

 

査定

1950 .281(470-128) 34本 109点

基礎能力

打撃系は良いとして、走力肩力守備力は情報が少なすぎる、、、。

走力は年齢もあり控えめにしたかったが、6盗塁しているのでD

肩はちょっと分からないんでD

失策多めなので守備系は低め。

 

特殊能力

チャンスB

小鶴、岩本の後ろを打ちながら100打点超え

パワーヒッター

社会人時代から長距離砲なので

プルヒッター

引っ張りそう

逆境 ダメ押し

水爆打線

威圧感

福岡出身の九州男児で、”八幡の虎”と言われるほどなので。

併殺

併殺19コ

国際大会○

1931年の日米野球*3ラリー・フレンチ投手(パイレーツ)から2本塁打

 

 

 

*1:パワプロのこととかを書くブログさん制作

*2:パワプロのこととかを書くブログさん制作

*3:Wikipediaが英語版しか無いないのでガバガバ翻訳ですが、実働14年で197勝1187奪三振を挙げている。って書いてあると思う。

リチャード・デービス(近鉄)【パワナンバー・パワプロ2018】

f:id:HigashiHS:20190312005547j:plain

f:id:HigashiHS:20190312005607j:plain

パワナンバー:13300 00379 07667

 

おはようございます!今回はこの人!

 

猛牛の最狂助っ人”リチャード・デービス”選手です。

 

1984年途中からマネーの代役として近鉄に入団し、4番打者として活躍。

翌85年からは外野手から一塁手にまわり、打ちまくる。

86年にはあの有名な東尾暴行事件が勃発。パリーグから制裁を受けるも、選手間ではデービス擁護の声もあった。

88年途中、大麻の不法所持が発覚。球団から解雇された。

 

査定

1985 .343(472-162) 40本 109点

基礎能力

打撃に関してはこんな感じでしょう。オーペナだと結構幅が出ますが。

守備は上手くないとのことなので低め。

前年度は外野手メインだったので、外野適性もありです。

特殊能力

チャンスB

得点圏打率 .381

対左C

対右 .342  対左 .354

送球F

外野手時代からスローイング難だったらしい

アベレージヒッター

ホームランも打つけど、ヒットも打つよ。

プルヒッター

本塁打打球方向 左29 中6 右5

チャーリー・マニエル(近鉄)【パワナンバー・パワプロ2018】

f:id:HigashiHS:20190311001152j:plain

f:id:HigashiHS:20190311001206j:plain

パワナンバー:13000 00309 02525

 

こんばんは!今回はこの人!

 

猛牛の赤鬼”チャーリー・マニエル”選手です。

 

1976年にヤクルトに入団。この年こそは活躍できなかったが、翌年から人が変わったかのように打ち出す。

77年から80年に掛けて、4年連続37本塁打以上を放つ活躍を見せ、78年にはヤクルトを、79・80年には近鉄をそれぞれ優勝に導いている。

1981年に古巣ヤクルトに戻るが、ケガ等が相次ぎ解雇される。

その後メジャーに戻り、マイナー監督やインディアンス打撃コーチなどを歴任し、2000年に監督昇任、翌01年に地区優勝を果たす。

03年からフィリーズGM特別補佐に就任。05年から同球団監督として指揮を執り、07年地区優勝、08年にはワールドシリーズ制覇を成し遂げた。

 

査定

1980 .325(459-149) 48本 129点

基礎能力

パワーは文句なしのS

走力、守備に関しては広岡監督が酷評していたので低め。

特殊能力

パワーヒッター

それ

 

チャンスメーカー

得点圏打率 .321

走者無し打率 .335

チャンスEとかなんかね。

 

威圧感

赤鬼

 

 

二村忠美(日本ハム)【パワナンバー・パワプロ2018】

f:id:HigashiHS:20190303225525j:plain

f:id:HigashiHS:20190303225715j:plain

パワナンバー:13000 80348 43777

 

今回はこのひと!

 1983年パリーグ新人王”二村忠美”選手です。

 

1983年に九州産交からドラフト3位で日本ハムに入団。

近鉄とのオープン戦で83年プロ野球第1号本塁打を放つなどチーム2冠。

シーズンでは持ち前の積極性を活かし、左翼のレギュラーを獲得。

13本塁打35打点を記録し、新人王に輝く。

 

83年から86年まで2桁本塁打を記録。

90年に大洋へ移籍し、主に代打として活躍。

93年、日本ハムに復帰し同年限りで引退。

 

 

査定

1983 .282(294-83) 13本 35点

 

基礎能力

パンチ力のある打撃が売り。送球の精度も高い。 

特殊能力

 

対左E

基本的に左は苦手らしいが、工藤(西武)、石本(近鉄)等特定の左投手からはよく打ったらしいので。

ケガしにくさF

シーズン終盤に死球により約50日欠場

桑田武(大洋)【パワナンバー・パワプロ2018】

 

f:id:HigashiHS:20190303223027j:plain

f:id:HigashiHS:20190303223046j:plain

パワナンバー:13700 30373 44612

 

今回はこのひと!

 

新人シーズン本塁打記録保持者”桑田武”選手です。

 

1959年に中央大学から大洋に入団すると、開幕から4番として出場し、新人としては最多となる31本塁打・84打点の活躍で、新人王・本塁打王に輝く。

 

1961年には94打点を挙げ打点王に輝く。 

1961年から1967年まで7年連続20本塁打を放ち、大洋のスラッガーとして活躍。

その後巨人、ヤクルトと渡り歩き、1970年に引退。

 

査定

1959 .269(527-172) 31本 84点

 

基礎能力

あの長嶋茂雄のライバルといわれていたので、新人としては高めの能力になっています。

こんな選手がペナントで出てきたらウハウハですよ! 

 

特殊能力

盗塁B

盗塁成功率 .758(33-25)

パワーヒッター

本塁打王、新人最多の31本塁打

インコースヒッター

内角に関し絶対の自信があり、「真ん中からインコースよりなら、どんな球種も打てる。」らしい。

三振

スラッガーの勲章です。

併殺

併殺13

脚が速いわりに59年~66年まで2桁併殺。

岡林洋一(ヤクルト)【パワナンバー・パワプロ2018】

こんにちは!

 

今回はこのひと!

f:id:HigashiHS:20181220120507j:plain

 

太く短く投げ抜いたツバメのエース”岡林洋一”選手です。

 

91年にドラフト1位でヤクルトに入団すると、抑えとして12勝12セーブを挙げる大活躍であったが、新人王は森田幸一(中日)に獲られてしまう。

92年には先発にまわり、5/13の巨人戦でプロ初完封を達成すると、7月には4完投勝利をするなど投げまくった。

同年日本シリーズでも、1・4・7戦目に登板し、3試合とも完投、投球回30、投球数430、防御率1.50の熱投を繰り広げるも、援護無く1勝2敗と悲運のエースとなってしまった。

その後は92年の登板過多がたたったのかケガが相次ぎ、94年には2桁勝利を記録するも全盛期のような成績を上げることは出来なかった。

2000年限りで引退し、ヤクルト二軍投手コーチ、スカウトを歴任した。

 

 

f:id:HigashiHS:20181220120542j:plain

f:id:HigashiHS:20181220120602j:plain

 

パワナンバー:13300 70384 15791

 

査定

1992 防2.97 15勝10敗

 

基礎能力

球速は当時の動画から。日本シリーズでは150と表示されていた投球もあったけれど、シーズン中の動画でのMAXは145ぽいのでそちらで。

コントロールは与四球率から。だいたい1.9弱。無四球完投も4つ。

スタミナは完投数から。

変化球はプロ野球投手能力・持ち球(変化球/球種)リストさんから。

 

特殊能力

回復B

先発、抑えと投げまくった。

尻上がり

完投数の多さから。

ケガしにくさF

93年以降はケガに苦しむ。

一発

本塁打率0.91

コントロールの兼ね合いから一発に。

寸前

日本プロ野球記録さんの試合記録から、5回の失点がそこそこあったので。