東高校のパワプロ日記

パワプロ2018で作成した選手を紹介していきます!

第4回合同リクエストに参加しました!

こんにちは。お久しぶりです。

 

7月というのは忙しいですね。

 

ということで約1ヶ月ぶりの記事は、表題の通り合同リクエストについてです。

 

例にもよってあの頭のおかしい(おかしい)企画ですね。

 

企画者 

Senさん

参加者(五十音順)

いけすさん

怨霊さん

カメハさん

ごえんだまさん

82さん

東高校    

 

 

私の受け取ったリクエストがこちら! 

 

2.小野山 聡(おのやま さとる)
四年間で一軍出場は無し。
戦力外通告後、トライアウトを受験し、そこで騎手の道へスカウトされる。
六年間オーストラリアで修業したのち、2015年から船橋競馬に所属。
2022年に同じく元NPB経験者で馬主の吉井理人の馬に騎乗し話題を呼ぶ。
パワーのある豪快な手綱捌きが売り。
指定特性:折り合い 短距離

 

東高校「ふぇぇ。競馬なんて知らないよぉぉ。」

???「やれ。」

 

 

ということでできた選手がこちら

f:id:HigashiHS:20190730155241j:plain

f:id:HigashiHS:20190730155302j:plain

f:id:HigashiHS:20190730155321j:plain

f:id:HigashiHS:20190730155342j:plain

 

査定

パワー 強振多用 

パワーのある豪快な手綱捌き!

走力 走塁A 内野安打○ 

短距離特性。短距離型は身体能力によるところが大きいらしいので能力に反映させるとともに、特殊能力でスタートダッシュコーナリング技術を再現!

積極走塁 積極盗塁

短距離なので後先考えず突っ込め!

代打○

短い時間での集中力

ポジション 高速チャージ

フィールド上を駆け巡る!

調子安定 チームプレー○ コントロール

折り合い特性要素。(馬の)調子に左右されず、しっかりコントロールし、息の合った走りを魅せる!

気迫ヘッド

ゴールの時は頭から!

弾道

打球がフィールドを駆けるとき、小野山もまたフィールドを駆けるのだ!

 

 

所感はまた夜に更新します。取り急ぎ選手記事だけ。

マーティ・ブラウン(広島)【パワナンバー・パワプロ2019】

こんばんは!

 

今回はこのひと!

 

赤ヘルの闘将”マーティ・ブラウン”選手です

 

1992年~94年の3年間広島東洋カープに選手として在籍。

その後はマイナー等で監督を務める。

2006年からは古巣広島で指揮を執る。そこでの活躍?は言わずもがなですね。内野5人シフトとか、壮絶な退場劇とか。

2010年からは楽天の監督となるが成績不振のため1年で解任となった。

 

f:id:HigashiHS:20190702005527j:plain

f:id:HigashiHS:20190702005600j:plain

パワナンバー:13300 10393 67431

 

査定

1993 .276(428ー118) 27本 83点

基礎能力

中距離打者っぽく。

特殊能力

ヘッドスライディング

ガッツ溢れるプレーで観客を魅了

三振

三振率 .248(428-106)

 

 

ひとこと

広島助っ人シリーズって訳でもないですが、明日も広島の助っ人を投稿する予定です。

ジム・ライトル(広島)【パワナンバー・パワプロ2019】

こんばんは!

 

今回はこの人!

 

強肩、巧打の優良助っ人”ジム・ライトル”選手です。

 

 

 

1977年、広島に入団。1年目から打率.301と活躍。

1978年、自己最多タイとなる33本塁打

1980年、チームのリーグ制覇、日本一に貢献。日本シリーズでMVP。

1981年、自己最多157安打でリーグ最多安打、また初となるB9を獲得。

1983年、南海へ移籍。しかし思うような成績は残せず、この年限りで退団。

 

高校の教員免許を持つという異色の助っ人でした。

 

f:id:HigashiHS:20190701003225j:plain

f:id:HigashiHS:20190701003245j:plain

パワナンバー:13400 00463 48126

 

査定

1981 .318(493-157) 33本 100点

基礎能力

当時は狭い広島市民球場なのでパワーはB

1978~81の4年連続でGG賞に輝くほど守備はよく、特に肩が強く補殺数でもリーグ上位。

特殊能力

送球B レーザービーム

リーグ2位の11補殺

広島に在籍していた77~82年の外野手補殺数は59で2位の山本浩二より12コも多い。

プルヒッター

本塁打方向 右31本 左2本

調子安定

毎年安定して成績を残していることから

金山次郎(松竹)【パワナンバー・パワプロ2019】

こんばんは!

 

今回はこの人!

 

闘志溢れる韋駄天”金山次郎”選手です。

 

 

1943年、名古屋に入団。

1944年、4本塁打を放ち本塁打王を獲得。

1948年、急映に移籍。

1950年、松竹に移籍、74盗塁(当時セリーグ記録)を決め盗塁王。またチームのセリーグ制覇にも貢献。

1953年、色々あって広島に移籍。58盗塁で3度目盗塁王を獲得。

1957年、コーチ兼任として85試合に出場。同年限りで引退。

 

f:id:HigashiHS:20190630223637j:plain

f:id:HigashiHS:20190630223713j:plain

パワナンバー:13700 00464 11380

 

査定

1950 .311(594-185) 7本 67点 74盗塁 

基礎能力

元リーグ記録保持者と言うことで走力はS

戦後はメインが二塁手なので肩はそこそこ程度に。

特殊能力

盗塁A

盗塁成功率 .851(87-74)

走塁B

三塁打10本

内野安打○

単打が143本

内野安打内訳は不明ですが、脚が速かったしそれなりに多いと判断。

チャンスメーカー

主に1番打者として水爆打線を牽引。

守備職人

「金山キャッチ」と言われたプレーがあるそうな。

 

 

ひとこと

タグ「松竹」は金山と大岡虎雄だけ!(2019/6/29時点)

クラレンス・ジョーンズ(近鉄)【パワナンバー・パワプロ2019】

こんばんは!

 

記念すべき101記事目!今回はこの人!

 

2リーグ制後初の外国人本塁打王クラレンス・ジョーンズ”選手です!

 

1967年、カブスでメジャーデビュー。

1970年、来日。南海ホークスに入団。いきなり33本塁打を放つ活躍。

1972年、自己最高となる打率.292をマーク。

1973年、GG賞受賞も打率の低さから解雇。

1974年、近鉄に入団。打率はリーグワースト(.226)ながら本塁打王(38本)に輝く。

1976年、二度目の本塁打王(36本)に輝く。

1977年、怪我や首脳陣との摩擦があり、シーズン途中で帰国し、秋に任意引退

 

日本通算246本塁打は当時の外国人最多記録であった。

 

f:id:HigashiHS:20190617173516j:plain

f:id:HigashiHS:20190617173531j:plain

パワナンバー:13600 10433 83739

 

査定

1974 .226(411-93) 38本 90点

基礎能力

最低打率と言うことでミートは低め。

守備能力はGGも獲得していることからもう少し上げても良かったのかなとも思うけど、既視感ありまくりな感じに。無難だよね。

髭は生えていたり生えていなかったり時期によるけど、今回は生やしました。特徴があった方がね。

特殊能力

チャンスE

通年で見ると本塁打の数に対し打点が3倍を超えた年がない。

得点圏打率等のデータはないが、そういうことだよね。

対左C

左打者の割に左を苦にしない。対右とほぼ同じくらいかちょっと高いかくらいだったので、そういうことだよね。

パワーヒッター

そういうことだよね。

プルヒッター

約7割近い安打が引っ張りという傾向が他年度で見られるということは、そういうことだよね。

三振

在籍8年間でリーグ最多が5度。

1974年の三振率は25パーセント超!

 

 

ひとこと

オーペナだとミートが低い分三振率は35%程になりました。参考程度に。

遂に100記事目!

こんにちは!

 

この投稿で遂に100記事目です!

 

途中全く更新しなかった月とかもあったんで、大分遅くなりましたね。

 

ブログを始めて1年3ヶ月ほど経ちました。私自身、先輩?の皆様のサイトやブログを見て始めました。

 

そんでもってその間にたくさんのブログが立ち上がり、そういった方々とも交流するようになりました(ネット上)。

 

皆さん更新速度が尋常じゃないくらい速く、僕より後に始めたのに僕の何倍もの記事書いてる人がいたり、1日にいくつも記事を書いてる人がいたり、凄いなぁって思っています。(KONAMI)

 

これからも時間があるときは極力更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

ジム・トレーバー(近鉄)【パワナンバー・パワプロ2019】

こんばんは!

 

今回はこの人!

 

猛牛の熱血助っ人”ジム・トレーバー”選手です。

 

1982年、ドラフト21巡目でオリオールズに入団。

1984年、メジャーデビュー。日米野球にも出場。

1990年、近鉄に入団。その風貌からバース2世とも呼ばれたらしい,,,?バースまでとは言わないものの、打率3割をクリアし、150安打を放ちリーグ最多安打

1991年、園川(ロッテ)の死球にブチ切れ、追いかけ回し、その後金田監督に向かってダッシュするも転けて、キックされる。この年は打点王、B9、GG受賞。

 

f:id:HigashiHS:20190614004104j:plain

f:id:HigashiHS:20190614004128j:plain

パワナンバー:13600 90433 43041

 

査定

1991 .272(486ー132) 29本 92点

基礎能力

上の死球の件で、盗塁王大石大二郎に追われるも逃げきる。なら走力Sやな!とはならんかった。さすがに。

GGも受賞しているので守備能力は高め。

特殊能力

チャンスB

得点圏.316 非得点圏.254

盗塁C

.916(12-11) やっぱり走力Sやんけ!

プルヒッター

本塁打打球方向

右21 中6 左2

アウトコースヒッター

ヒットは結構左方向にも打ってる。

併殺

この年は9コだけど、前年は18コとリーグ最多。

調子極端

月別打率において、最高打率と最低打率の差が.251

 

 

 

ひとこと

今回で99記事目です!次回が記念すべき100記事目!

ドン・ビュフォード(太平洋)【パワナンバー・パワプロ2019】

こんばんは!

 

今回はこの人!

 

太平洋の黒豹”ドン・ビュフォード”選手です!

 

 

1963年、ホワイトソックスでメジャーデビュー。

1968年、オリオールズに移籍。

1970年、オリオールズワールドシリーズ制覇に貢献。

1971年、MLBオールスターや日米野球にも出場。

MLB通算打率.264、1203安打、93本塁打、200盗塁

1973年、来日し太平洋クラブライオンズに入団。このとき36歳。開幕でサヨナラ本塁打を放つ鮮烈デビューを飾ると、高い出塁率でチームに貢献。

1974年、張本に次ぐリーグ2位となる.330。

1975年、キャリアハイとなる21本塁打

1976年、南海へ移籍。古巣太平洋に対し.317と打ちまくった。この年限りで引退。

 

f:id:HigashiHS:20190614002357j:plain

f:id:HigashiHS:20190614002406j:plain

パワナンバー:13000 20443 54383

 

査定

1974 .330(382ー126) 14本 43点

基礎能力

俊足巧打タイプ。

守備能力は、この年DG賞の有藤通世(ロッテ)と比較し、同じくらいの成績だったので同じくらいの能力に。

特殊能力

粘り打ち

三振率.102(382-39)

選球眼

出塁率.431

五十嵐亮太(ヤクルト)【パワナンバー・パワプロ2019】

こんにちは!

 

今回はこの人!

 

右のロケットボーイ五十嵐亮太”選手です!

 

 

1998年、ドラフト2位でヤクルトへ入団。この年は1軍登板は無かったが、ファーム日本選手権でMVPを獲得。

1999年、4月に1軍初登板すると、救援だけで6勝を挙げる。

2000年、この年も救援として活躍し自己最多となる11勝。

2004年、2年連続リーグ最多となる66試合に登板。37セーブを挙げ最優秀救援投手に輝く。

2010年、メジャーリーグに挑戦。メッツに入団。

2013年、アメリカで4球団を渡り歩いた後、日本球界に復帰。ソフトバンクに入団。通算0勝を達成。

2016年、通算700登板を達成。

2019年、古巣ヤクルトに復帰し、27試合に登板、5勝0敗7HP防御率2.05の成績を残している。

 

f:id:HigashiHS:20190610124104j:plain

f:id:HigashiHS:20190610124126j:plain

パワナンバー:13300 40367 91892

 

査定

2004 66試合 5勝3敗37S 2.66 74.1回

基礎能力

この年は自己最速158㌔を計測。

個人的イメージでコントロールF

あとはデフォに基づく。

特殊能力

対左B

デフォ

ノビB

デフォ

ストレート奪空振り率はリーグトップの15.8%

回復B

デフォ

リーグ最多登板

クイックF

デフォ

奪三振

奪三振率10.46

四球

デフォ

コントロール低くした分消しても良かったかなとは思う。

 

 

ひとこと

現役選手の作成は初めてかな?

ピーター・バーンサイド(阪神)【パワナンバー・パワプロ2019】

こんばんは!

 

今回はこの人!

 

王キラー”ピーター・バーンサイド”選手です。

 

1955年、ジャイアンツでメジャーデビュー。

1959年、タイガースへ移籍。主に中継ぎとして活躍。

1961年、セネタース(現レンジャーズ)へ移籍。

1963年、オリオールズへ移籍。5月に解雇され、セネタースへ入団。

1964年、阪神へ入団。先発として5勝(8敗)を挙げる。

1965年、28先発し5勝14敗の成績だったが、防御率2.91、WHIP1.13だった。

 

f:id:HigashiHS:20190610012306j:plain

f:id:HigashiHS:20190610012339j:plain

パワナンバー:13300 40334 12064

 

査定

2.91 5勝14敗 164.1回 54三振

基礎能力

技巧派なのでコントロールは高め、球速は控えめ。

一番の武器はサイドから放たれるカーブだそう。

特殊能力

重い球 低め○

奪三振が少なめなのでゴロPかなと

球持ち○

長いリーチから少し遅れてリリースされていたらしい。

対左C 対強打者○

王キラー要素

負け運

防御率2点台なのに9の負け越しって、、、

 

一言

年数いじるの忘れてる上に、高卒設定にしてるわ,,,(本来は大卒)