東高校のパワプロ日記

パワプロ2018で作成した選手を紹介していきます!

ティム・アイルランド(広島)【パワナンバー・パワプロ2018】

こんばんは!

今日はこの人!

 

f:id:HigashiHS:20181210002828j:plain

 

ヒゲ面のガッツマン”ティム・アイルランド”選手です。

1973年にMLBドラフトで指名されエクスポズと契約。

メジャーデビューは1981年にロイヤルズで。

1983年に広島東洋カープに入団。木下富雄と併用という形ではあったが86試合に出場し打率.293、12本、44打点の成績を挙げる。またガッツ溢れるプレーで球場を沸かせた。

翌84年は出場試合数こそ増えたものの成績自体は低下。またシーズン終盤でのケガもあり、同年の日本シリーズに出場できなかった。

この年限りで自由契約となった。

 

f:id:HigashiHS:20181210003120j:plain

f:id:HigashiHS:20181210003212j:plain

 

パワナンバー:13800 20383 67432

 

査定

1983 .293(321-94) 12本 44点

基礎能力

AAA時代には20盗塁以上を2回達成するなど、走力は高め。

当時の市民球場ということを考えればパワーはもう少し低めでも良かったかも。ただ後悔はしていない。

 

特殊能力

初球○ 悪球打ち

積極的な打撃で三振、四球が少ない。

ヘッドスライディング

ガッツ溢れるプレーが持ち味。

ケガしにくさF

ガッツ溢れるプレーにおける事故が多々あったらしい。

 

ボブ・ホーナー(ヤクルト)【パワナンバー・パワプロ2018】

こんにちは!

今回はこの人!

f:id:HigashiHS:20181207125916j:plain

画像出典 http://www.taiyo-planet.co.jp/?attachment_id=30126

 

現役バリバリのメジャーリーガー”ボブ・ホーナー”選手です!

 

1978年にメジャーリーグのドラフト全体1位でブレーブスに入団し、23本塁打を放ち新人王を獲得。

79,80年には30本塁打を超えオールスターにも出場。

86年には一試合4本塁打を記録。

80年代のブレーブスを引っ張る中軸打者であったが、86年オフにFAすると高額の年俸がネックになり、メジャーでの獲得球団は現れなかった。

だが87年4月、NPBヤクルトスワローズと契約。

87年5月5日の阪神戦でデビューし、その日に来日初本塁打を放つと、翌6日にも3本塁打とメジャーリーガーとしての格を見せつけた。

この年は途中入団やケガの影響もあり99試合の出場だったが、.327 31本塁打 73打点と活躍した。

ただ野球とベースボールの違いに困惑したり、色々とあってこの年限りで退団。

翌年カージナルスと契約するも、1年限りで自由契約となり引退した。

f:id:HigashiHS:20181207132941j:plain

f:id:HigashiHS:20181207133029j:plain

パワナンバー:13000 70343 44614

 

査定

1987 .327(303-99) 31本 73点

 

基礎能力

デフォを参考に(パワプロ12あたりのOBに収録されていた)。

守備機会的に守備力は少し下げました。

 

特殊能力

パワーヒッター

本塁打率は脅威の9.8!

プルヒッター

引っ張り方向への本塁打が約7割

初球○

初球にも強い!(語彙力)

威圧感

メジャーリーガーとしての格的な

選球眼 

約7打席に1つ四球を選べ、悪球にも手を出さなかった。

ケガしにくさF

太りやすい体質だったこともあるのか、メジャー時代から怪我をしていた。

 

 

町田行彦(国鉄)【パワナンバー・パワプロ2018】

今日はこの人!

f:id:HigashiHS:20181128112004j:plain

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BA%E7%94%B0%E8%A1%8C%E5%BD%A6

 

国鉄のホームラン王”町田行彦”選手です。

 

1952年に長野北高校から国鉄に入団すると、元々三塁手だったが外野手にコンバート。

翌53年にレギュラーに定着すると、その強肩と強打で活躍。

54年に20本塁打、55年には31本塁打を放ち本塁打王に輝く。

その後は57年に21本塁打、59年にサイクル安打など随所に活躍するも、成績的には低迷。

成績不振や腰痛によるケガの影響もあり64年に国鉄を退団。

65年にテスト合格という形で巨人に入団するも、27試合の出場にとどまり同年限りで引退した。

 

 

f:id:HigashiHS:20181128113122j:plain

f:id:HigashiHS:20181128113207j:plain

 

パワナンバー:13900 40372 52547

 

査定

1955 .280(468-131) 31本 71点

基礎能力

特筆すべきは肩力。当時バカ肩とも言われていた。Sでも良かった。

 

特殊能力

盗塁B

盗塁成功率 .750(16-12)

キャリアを通して7回の二桁盗塁、最多は28コ(30-28)

送球B レーザービーム

送球が低いところからきれいに伸び、正確だったそうな。

インコースヒッター

内角の特に低めに強かった。本塁打の4割が内角だったそう。

 

 

 

 

 

 

タイラー・バンバークレオ(西武)【パワナンバー・パワプロ2018】

今回はこの人!

f:id:HigashiHS:20181123011514j:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/ena197119711971/7870102.html

 

AKB砲の一角”タイラー・バンバークレオ”選手です。

 

1981年にブルワーズと契約するも、メジャーを経験しないまま84年途中に自由契約

その約一ヶ月後エンゼルスに入団。だが、またもやメジャーを経験しないまま87年途中に自由契約になる。

87年途中に西武ライオンズに入団。1年目は当時の外国人枠2という関係で、1軍には郭、ブコビッチの両外国人がいたため2軍で過ごす。

87年オフにブコビッチが退団したことにより、88年には開幕から1軍に帯同し、秋山・清原と「AKB砲」を形成し、3人で計107本塁打を放ち、リーグ優勝・日本一に導く。

この年は満塁本塁打も4本放つなど勝負強さも見せた。

しかし翌年は、徹底マークを受け結果を残せず、新外国人デストラーデに1軍の座を譲ってしまう。

90年には2軍で本塁打王を獲得も、解雇となってしまう。

91年に広島と契約するも、ケガの影響で活躍できずこの年限りで日本球界を後にした。

92年にエンジェルスと契約。93年には遂にメジャーリーグデビューを果たす。

 

f:id:HigashiHS:20181123013022j:plain

f:id:HigashiHS:20181123013052j:plain

 

パワナンバー:13300 00332 52538

 

査定

1988 .268(366-98) 38本 90点

基礎能力

飛ばす能力は群を抜いていたとのことなのでパワーは高め。基本指名打者起用なので守備能力は低め。

 

特殊能力

パワーヒッター

AKB砲ということで、大砲っぽく。

満塁男

シーズン満塁本塁打4本(歴代2位タイ)

三振

120個

選球眼

lsoD .138

 

 

これ書いてて気づいたけど三振多すぎだね、、、。扇風機でも良かったかもね、、、。

その分調子極端で補ってね、、、。

 

君も自分だけのAKB砲を作ろう!!!!!!

 

 

 

 

 

ウォーレン・クロマティ(巨人)【パワナンバー・パワプロ2018】

約一月ぶりの更新、、、!

今回はこの人!

 

f:id:HigashiHS:20181121113246j:plain

1242.com

 

巨人史上最強の助っ人”ウォーレン・クロマティ”選手です。

 

メジャーリーガーとして活躍していたクロマティ1984年にFAで巨人に入団。

1年目から35本塁打と活躍。

85年~89年には5年連続で3割を超え(88年は規定未満)、特に89年には97試合目まで.400を超え、その時点で規定打席を超えていたため以降の試合を全て欠場すれば4割打者となったが、その後も試合に出続け、この年は.378を記録した。

 

 

 

f:id:HigashiHS:20181121114304j:plain

f:id:HigashiHS:20181121114353j:plain

 

パワナンバー:13500 00372 47449

 

査定

1986 .363(471-171) 37本 98点

基礎能力

パワプロ2013だかのデフォである。

ミートと走力を1ずつあげた。なんとなく。

特殊能力

パワプロ2013だかのデフォである。

そんなに言うことはない。

 

 

別の選手を作っていたところ、いろいろあってクロマティになりました。

ペナントでの使用感としては、PHいらないんじゃね。。。?ってくらいホームラン打ちます。

実際中距離打者ということだし、パワーBとか弾道3とかも考えたけれど、この能力がやっぱりしっくりくるのではないかなぁ。知らんけど。

神部年男(近鉄)【パワナンバー・パワプロ2018】

今回はこのひと!

f:id:HigashiHS:20181022010605j:plain

http://japaneseclass.jp/trends/about/%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%AB%B9%E7%A7%80

 

ノーヒットノーランも達成した牽制名人”神部年男”選手です。

 

1970年に富士鉄広畑から近鉄に入団。毎年安定した成績を残しており、13年間で4度の2桁勝利と2度の防御率2位になており、1975年4月20日の南海戦ではノーヒットノーランを達成している。

またとても牽制が上手く、世界の盗塁王福本豊も社会人時代から苦労しており、プロ入り後、8ミリフィルムでひたすら神部のフォームを研究し、わずかな癖を見抜いたと言う。

 

f:id:HigashiHS:20181022011727j:plain

f:id:HigashiHS:20181022011746j:plain

パワナンバー:13300 90380 20526

 

査定

1975 173.2回 防3.05 10勝8敗

基礎能力

コントロールは与四球率から。

スタミナはイニング、完投数から

変化球は縦のカーブを決め球に、シュートと真っスラとのことだったので、Hスライダーで真っスラ風味を。

 

特殊能力

クイックA 牽制○

文句なし

リリース○

どんな時もテークバックから肘の位置が一定になるフォームを心掛けていたらしい。

打球反応

良かったらしい

軽い球

本塁打率が高め。ノーノーの時も外野フライが一番多く11個。

安田猛(ヤクルト)【パワナンバー・パワプロ2018】

今回はこのひと!

f:id:HigashiHS:20181022000014j:plain

https://mobapro2.gamerch.com/%E5%AE%89%E7%94%B0%E7%8C%9B

 

ペンギン投法”安田猛”選手です!

 

1972年にヤクルトに入団すると先発、リリーフで50試合に登板し防御率2.08で最優秀防御率、新人王を受賞。

翌73年には最多連続イニング無四球(81イニング)の記録を打ち立て、2年連続の最優秀防御率に輝く。

75年からは4年連続2桁勝利を達成し、78年には15勝を挙げ、優勝に貢献した。

 

f:id:HigashiHS:20181022005723j:plain

f:id:HigashiHS:20181022010347j:plain

パワナンバー:13600 30390 20527

査定

1973 208.1回 防2.02 10勝12敗

基礎能力

球速はデフォの135㌔。

コントロールは個人的に文句なしのS

スタミナは完投も多いが、基本はリリーフだったぽいのでB

 

特殊能力

 回復B

登板数、投球回から。

リリース○

球の握り、腕の振りを隠すようなフォーム。

緩急

真骨頂というか、生命線というか。

内角攻め

内角を上手く使い、スピードの無さをカバー。

負け運

防御率2.02ながら負け越し。