東高校のパワプロ日記

パワプロ2018で作成した選手を紹介していきます!

桑田武(大洋)【パワナンバー・パワプロ2018】

 

f:id:HigashiHS:20190303223027j:plain

f:id:HigashiHS:20190303223046j:plain

パワナンバー:13700 30373 44612

 

今回はこのひと!

 

新人シーズン本塁打記録保持者”桑田武”選手です。

 

1959年に中央大学から大洋に入団すると、開幕から4番として出場し、新人としては最多となる31本塁打・84打点の活躍で、新人王・本塁打王に輝く。

 

1961年には94打点を挙げ打点王に輝く。 

1961年から1967年まで7年連続20本塁打を放ち、大洋のスラッガーとして活躍。

その後巨人、ヤクルトと渡り歩き、1970年に引退。

 

査定

1959 .269(527-172) 31本 84点

 

基礎能力

あの長嶋茂雄のライバルといわれていたので、新人としては高めの能力になっています。

こんな選手がペナントで出てきたらウハウハですよ! 

 

特殊能力

盗塁B

盗塁成功率 .758(33-25)

パワーヒッター

本塁打王、新人最多の31本塁打

インコースヒッター

内角に関し絶対の自信があり、「真ん中からインコースよりなら、どんな球種も打てる。」らしい。

三振

スラッガーの勲章です。

併殺

併殺13

脚が速いわりに59年~66年まで2桁併殺。